『Audible(オーディブル)』ってどうなの?Amazonのオーディオブック無料体験

暮らし
暮らし
スポンサーリンク

『Audible(オーディブル)』は一言で説明すると、プロのナレーターが朗読した本をアプリやWebサイトで聴くことができる新しい読書体験サービスである。

移動中や作業中などにも読書ができるため、とても効率的であることが注目されている。

もちねこ
もちねこ

ながら読書って内容頭にはいるのかヨ!

この記事で分かること
  • 『Audible(オーディブル)』の特徴
  • 『Audible(オーディブル)』メリット・デメリット
  • 『Audible(オーディブル)』はどんな人にオススメのサービスなのか?

『Audible(オーディブル)』とは

『Audible(オーディブル)』のサービス内容

世界最大級のオーディオエンターテイメント・サービス『Audible(オーディブル)』の特徴について紹介する。

『Audible(オーディブル)』の特徴

  1. プロのナレーターが朗読した本をアプリ等で聴ける
  2. 豊富なジャンルで40万以上にも及ぶオーディオコンテンツを配信している
  3. Audibleでしか聴けないプレミアムなポッドキャストを聴くことが可能
  4. 聞きたい本をダウンロードできるため、オフライン再生が可能
  5. オーディオブックは0.5倍〜3.5倍での再生が可能
  6. スリープタイマー機能が付いている
  7. ブックマーク機能が付いている
    (本を聴いていて大事だと思ったところに、目印やメモを残しておける)
  8. 月額費用は1,500円である
  9. Audible会員は以下の3つの特典がある
    ・毎月付与される1コインで好きなオーディオブック1冊を値段にかかわらず購入可能
    ・月替わりのオーディオブック1冊が無料でもらえる
    ・Audibleでしか聴けないポッドキャストが聴き放題
  10. 利用しなかったコインは自動で翌月に繰越
    ※コインの有効期限は付与から6ヶ月間
  11. コインを使い切った場合、Audible会員は非会員の30%OFFの価格で購入可能
  12. 返品や交換も可能
  13. 購入したオーディオブックは、退会後も聴くことが可能
もちねこ
もちねこ

1500円で本2冊!?微妙ダナ!

『Audible(オーディブル)』の対応デバイス

  • スマートフォン(iOS、Android)
  • タブレット(iOS、Android)
  • PC
  • Apple Watch
  • Amazon Echo

作品ラインナップ

読みたい本が、Audibleにあるかはこちらから検索可能だが、扱っているジャンルはかなり幅広いようだ。

ビジネス本、自己啓発本はもちろん、小説、ライトノベル、児童書や洋書まで、ジャンルの網羅性はあるようだ。

もちねこ
もちねこ

アダルトのジャンルまであるのかヨ!プロのナレーターがどんな風に朗読するのかちょっと気になるワ!

月額費用

月額費用:1,500円

もちねこ
もちねこ

980円くらいになりませんカネ!?

『Audible(オーディブル)』の30日間無料体験

『Audible(オーディブル)』は、30日間無料体験を用意している。本を聴くという新しい読書体験をしてみたい人にオススメだ。

なお、無料体験登録後に即解約しても30日間は無料体験できるので、無料体験の結果継続する意思がない人は早めに解約手続きをしておこう。

メリット・デメリット

『Audible(オーディブル)』のメリット

  • 運動や家事などをしながら読書ができるので時間が有効に使える。効率的。
  • 重たい本を持ち歩かずに通勤、通学中に読書ができる。
  • 再生速度が変えられるので、自分で読むよりも早く読み終わる。
  • スリープタイマーが付いているので寝る前の15分だけ聴くことができる。
  • 目を閉じて集中して聴くと、小説の世界観に入れる。
  • 両手が空いているのでビジネス書や自己啓発本を聴きながらメモが取れる。
  • 児童書もあるので子供に読み聞かせができる。
もちねこ
もちねこ

時間の節約や効率化をメリットとして捉える人が多いみたいダナ!目を閉じて本の世界観にはいるっていうのはオーディオブックならではダナ!

『Audible(オーディブル)』のデメリット

  • 月額費用が高い。
  • 別のことをしながらだと内容が頭に入ってこない。
もちねこ
もちねこ

ながら読書に向いてる本と向いてない本がありそうダナ!ながら読書だと内容が入ってこないなら、目を閉じてオーディオブックに集中するしかないナ!でもそれなら普通に読書した方がコストは安いゾ!

『Audible(オーディブル)』はこんな人にオススメ

メリット、デメリットを整理すると以下のような人にオススメであることが分かる。

  • 運動や家事などをやりながら読書することで時間の節約、効率化をしたい人
  • 読む本がビジネス書や自己啓発など、ながら読書に向いている本である人
  • 本を読むのが遅く、時間がかかってしまう人
  • ながら読書はしないが、プロのナレーターによる朗読の方が本の世界に入れる人
もちねこ
もちねこ

読む本のタイプや性格などではっきりと好き嫌いが分かれるサービスだナ!図や絵がないと分からないような本はオーディオブック化されにくそうダ!

読書したいけど、本を読む時間がない人にとってはながら読書はいいかもしれないナ!

この記事のまとめ

  • Audible(オーディブル)は、本を聴くという新しい読書体験サービス
  • 月額1,500円と高め
  • ながら読書が可能だが、本のタイプによっては内容が頭に入ってこない場合がある
  • 再生速度を変更できるため、人によっては自分で読むより早く読書ができる
  • 30日間無料体験がある
  • 本の世界観に浸りたい人は、ながら読書をしない方が良い
  • 合う合わないがはっきりするサービスである
もちねこ
もちねこ

こういうサービスは合う合わないがあるから、興味がある人は一度試してみるこったナ!

スポンサーリンク
limu0505をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Small Step

コメント

タイトルとURLをコピーしました